スタッフブログ

家庭菜園の野菜たち

2021.07.26

こんにちは。あまがい歯科医院です。
関東地方も梅雨明けとなり、本格的な夏が始まりました。暑いですね。

 

夏といえばお祭りや花火大会などのイベントが楽しみな季節ですが、
今年もコロナ禍で、中止になるところが多くなりそうで残念です。
休日は趣味で家庭菜園をしています。

C80891A9-01C0-4049-AFD2-7BB5D5C17AA0 - 天海ひろみ

梅雨時で曇り・雨の日が続き、
晴れ間が少なかったので心配でしたが、
ミニトマト・ピーマン・パプリカ・ナスなど
彩り豊かな野菜たちがなりはじめています。

80B260E6-170A-4642-A213-E22158711813 - 天海ひろみ

これからの時期は夏バテも気になりますが、
おいしい野菜を食べて暑さに負けないように
頑張ります。
皆さまも、夏バテに気を付けて、
水分をしっかり摂ってお過ごしください。

 

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
お知らせ
基本的には毎週 木・日曜日が休診日ですが、
7・8月は下記の日にちもお休みさせていただきます。

・7月の臨時休診
7/22(木)、 7/23(金)
・8月の夏季休診
8/11(水)~8/15(日)
※8/9(月)の振替休日は診療いたします。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 

あまがい歯科医院
〒346-0024 埼玉県久喜市北青柳1011−1
TEL:0480-21-8811
URL:https://www.amagaishika.com/
Googleマップ:https://g.page/amagai-shika?gm

放置しないで!知覚過敏

2021.04.07

SDN_2104_001_a290221

こんにちは。院長の天海です。

4月7日は「世界保健デー」、

世界保健機関(WHO)が誕生した日です。

WHOは世界の人々の健康を守るため、

毎年この日にテーマを決めて啓発活動を行っています。

 

お口の健康は全身の健康にも影響を与えますので、

歯は大切にしてくださいね!

 

 

さて、お口の健康維持に欠かせない定期検診ですが、

患者さまを診ていると、中には

「むし歯じゃないのに歯がしみる…」

という方がいらっしゃいます。

 

むし歯や神経の炎症がないのに歯が痛いときは、

『知覚過敏』かもしれません。

 

 

 

 

 

◆知覚過敏とは!?

 

冷たいものや甘いものを口にした時、

そして歯を磨いている時などに

ピリッとした鋭い痛みが起こる症状を

『知覚過敏』といいます。

 

知覚過敏をもっとも多く患っているのは

20歳〜50歳で、

日本人の4人に1人が経験している

と言われています。

 

知覚過敏は一過性の痛みで

刺激がなくなればおさまるため、

放置している方も多いのではないでしょうか?

 

 

とはいえ!

 

知覚過敏は放置しておいても治るとは限らないので、

注意したい症状です。

 

 

SDN_2104_002_a290221

 

 

◆知覚過敏はなぜ起こる?

 

知覚過敏は

「象牙質(ぞうげしつ)の露出」によって起こります。

歯の中心には神経があり、

やわらかい象牙質と硬いエナメル質に覆われています。

 

 

通常であれば、

歯の一番外側をエナメル質が覆っていて

痛みを感じることはありません。

 

ですが、象牙質が露出すると神経に刺激が伝わり、

痛みを感じやすくなります。

 

 

 

 

象牙質が露出する原因は、

・打撲で歯が欠けた

・歯ぎしりや食いしばりで歯がすり減った

・酸の強い食べものや飲みもので歯が溶けた

 

などが考えられます。

 

 

 

硬い食べものばかり食べている人も、

歯に強い負担をかけることがあるので

注意しましょう。

 

 

 

 

◆歯ぐき下がりも知覚過敏の原因に!

 

歯の根っこも知覚過敏が起こりやすい部分です。

歯ぐきが下がると歯の根が露出して、

象牙質がむき出しの状態に…。

 

SDN_2104_003_a290221

 

 

 

歯ぐきが下がるのは、

・加齢

・歯周病

・過度なブラッシング

 

などが主な原因。

 

 

 

 

 

◆知覚過敏は放置しないで!

 

知覚過敏を放置していると、どうなるのでしょうか?

 

まず、歯ブラシが触れると痛みを感じるため、

歯みがきもおろそかになりがちです。

すると、プラークという細菌のかたまりが歯に付着し

むし歯になってしまうことも。

 

また、歯周病が原因の場合は、放置していると

いずれ歯が抜けてしまう原因にもなります。

 

そもそも歯がしみると、

おいしい食事も楽しめませんので

早めの受診をおすすめします。

 

 

 

◆歯みがきと治療で歯の健康を守ろう!

 

「知覚過敏かも!?」と思ったら、

歯みがきの仕方を見直してみるのも一つの方法です。

 

知覚過敏で歯がしみる時は、

①余分な力をかけない「ペングリップ」で歯ブラシを持つ

②毛先のやわらかい歯ブラシで力を入れず小刻みにみがく

③常温もしくはぬるま湯で口をゆすぐ

④歯みがき粉は知覚過敏に有効な「硝酸カリウム」入り

 

などのポイントに気をつけて歯を磨くのがおすすめ。

 

SDN_2104_004_a290221

 

 

ご自身でできることもありますが、

痛みが続くときは我慢せず、

お早めにご相談ください!

 

 

 

 

あまがい歯科医院
〒346-0024 埼玉県久喜市北青柳1011−1
TEL:0480-21-8811
URL:https://www.amagaishika.com/
Googleマップ:https://g.page/amagai-shika?gm

新型コロナウイルス感染予防対策

2021.03.29

こんにちは。あまがい歯科医院です。

 

当院では患者様が安心してご来院いただけるよう、

様々な感染予防対策をおこなっております。

 

 

①天井に埋め込み式の医療用大型空気清浄機(日本エアテック社)を設置
室内に漂うウイルスを除去しています。

CHI6 - 天海ひろみ

 

 

②口腔外バキュームをユニットに設置

治療時に発生する細かい飛沫を吸い込む装置で、

室内にウイルス等が飛散するのを防ぎます。

CHI4 - 天海ひろみ

 

 

③オートクレーブによる滅菌消毒

治療に使用したハンドピースと呼ばれる切削器具を含め、

すべての器具は患者様おひとりごとに滅菌消毒をしています。

滅菌はオートクレーブという機械で行っています。
約130℃の高温高圧の蒸気により、細菌や微生物を死滅させます。

CHI1 - 天海ひろみ

 

 

他にも対策をおこなっていますので、

次回以降もご紹介していきたいと思っております。

 

 

 

あまがい歯科医院
〒346-0024 埼玉県久喜市北青柳1011−1
TEL:0480-21-8811
URL:https://www.amagaishika.com/
Googleマップ:https://g.page/amagai-shika?gm 

マスク生活とお口の環境

2021.03.09

SDN_2103_001_a260221

こんにちは。院長の天海です。

3月となり、今年も卒業シーズンがやってきました。

 

コロナ禍で今までとは違った学校生活に

戸惑いながら過ごした学生さんも

多かったのではないでしょうか。

 

困難な時期を乗りこえ、

新たな門出を迎えられることを祝福し、

未来が明るいものになるよう、

心から応援しております!

 

 

さて、コロナの問題が発生し、

外出時にはマスクの欠かせない生活が始まって

早くも1年が経過しました。

 

 

毎日のマスク生活の中で口元に意識がいくと

 

「自分の口臭が気になる」

「なんだか口の中がネバネバする」

 

と感じたことはありませんか?

 

それは、もしかしたらマスク生活による

「だ液の減少」が原因かもしれません。

 

今回は、「マスク生活とお口の環境」について

お話しします。

 

 

 

 

◆だ液の役割

 

だ液は通常、健康な成人で

一日に1.0~1.5リットル分泌され、

お口の中で

 

・粘膜の保護

・自浄、殺菌作用

・歯を再生させる(再石灰化)

 

など、多くのお仕事をしてくれています。

 

たくさんの「だ液」でお口の中が潤っていることは、

食べ物の消化を助けるだけでなく、

むし歯や歯周病のリスクから

身を守ることになります。

 

一見、マスクをしていると加湿され、

お口が潤うように思われるかもしれませんが、

だ液の分泌量はいろいろな要因によって減少します。

 

だ液減少の原因

・口呼吸

・ストレス

・脱水

・話さない(口まわりを動かさない)

など

 

SDN_2103_002_a260221

 

マスクをしていると息苦しくなり、

たくさん空気を取り込めるよう口呼吸になりがち。

 

この口呼吸は、お口の中を乾燥させ

だ液の分泌を減らしてしまう原因となります。

 

 

 

さらに

 

・マスク着用や自粛生活を含む様々なストレス

・マスクの付け外しが面倒で水分摂取が減ること

・在宅時間の増加などで人と話す機会が減ること

 

これらすべてが、

だ液を減らす原因となっている可能性があります。

 

 

だ液の減少とともに

自浄・殺菌作用が低下してしまい、

口臭が気になったり、

お口の中がネバネバしたり…

といった不快感が出てくるだけでなく

むし歯や歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

 

SDN_2103_003_a260221

 

 

 

◆大切なことは、

歯科での定期的な検診とセルフケア

 

お口の中を健やかに保つために大切なのが、

定期的な歯科検診。

 

そして、歯ブラシなどによる

丁寧な口腔ケアや、

こまめな水分補給など、

毎日のセルフケアです。

 

SDN_2103_004_a260221

 

むし歯、歯周病の治療や

クリーニングはもちろんのこと、

日々の正しいお手入れの仕方や、

マスク生活でのお口の悩みについても、

当院までお気兼ねなくご相談ください!

 

 

 

 

あまがい歯科医院
〒346-0024 埼玉県久喜市北青柳1011−1
TEL:0480-21-8811
URL:https://www.amagaishika.com/
Googleマップ:https://g.page/amagai-shika?gm

甘い食べ物はキシリトール製品で

2021.02.26

こんにちは。あまがい歯科医院です。

 

新型コロナウイルスの影響などもあり
外出を控える都合、
家で過ごす時間が長くなっているのではないでしょうか。

 

インドアで過ごしていると
DVDを見たり、インターネットを楽しんだりしながら
甘い物をついついだらだらと
食べてしまうことも多いと思います。
ご存じのとおり、甘い物は食べた後にケアをしっかりしないと
むし歯の原因となってしまいます。

 

IMG_1282 - 天海ひろみ

 

そこで
口がなんだかさびしいときや
甘い物が恋しいときには
むし歯になりづらいキシリトール製品がおすすめです。

 

IMG_1291 - 天海ひろみ

 

キシリトールは、お口の中の菌で発酵することがないので酸を作りません。
そのため、むし歯予防に効果的です。

 

しかも、いったん溶けてしまった歯の再石灰化を促進し、
歯を丈夫にする効果もあるんです!
ただ、キシリトールが配合されている製品でも、
他の甘味料が含まれているとむし歯の原因になってしまうことがあるので
できればキシリトール100%の製品を選んでください。
当院でも取り扱っているものはキシリトール100%の製品です!
甘いものが食べたい時もこれなら大丈夫!
美味しさも変わりませんので、ぜひ試してみて下さい。
キシリトールはむしばになりにくい環境をつくる手助けをしてくれますが、
残念ながら、キシリトール製品を摂取しただけでむし歯の予防や治癒につながるわけではありません。

 

正しい歯ブラシや食生活、定期的な検診が大切です。

 

お口の健康を守るためにも、是非当院へ検診にお越しください。

 

 

 

あまがい歯科医院
〒346-0024 埼玉県久喜市北青柳1011−1
TEL:0480-21-8811
URL:https://www.amagaishika.com/
Googleマップ:https://g.page/amagai-shika?gm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子でむし歯になりやすい?

2021.02.04

SDN_2102_001_お菓子でむし歯になりやすい?

 

 

こんにちは。院長の天海です。

2月といえば印象的なのはバレンタイン。

 

近年では女性が渡す「本命チョコ」

「義理チョコ」の他にも、

 

友だちにあげる「友チョコ」

家族にあげる「ファミチョコ」

男性が女性にあげる「逆チョコ」など、

 

プレゼントするチョコにも

色々な種類があるようです。

 

 

お店に並ぶ色んなチョコを見ていると、

ついつい自分のために

「マイチョコ」も買ってしまう……

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

そんなチョコレートを食べる機会の多い2月ですが、

皆さまのイメージする通り

「砂糖の多い食べ物」にはむし歯の危険性があります。

 

しかし、なぜ砂糖の多い食べ物

そういった危険性があるのでしょう?

 

 

 

実は、たとえむし歯がなくても

お口にはミュータンス菌を始めとした

「むし歯菌」が住みついていることがあります。

 

 

そして、この「むし歯菌」

砂糖をエサにして歯垢(プラーク)を形成し、

酸で歯を溶かし続けるようになります。

 

SDN_2102_002_お菓子でむし歯になりやすい?

 

 

すると、やがて歯に穴があき

むし歯になってしまいます。

 

 

私たちが好きな「お菓子」、

特に、砂糖の多いお菓子ほど

むし歯菌にとっても大好物というわけですね。

 

 

そこで、そんな「要注意なお菓子たち」

危険度順にご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

むし歯の危険度「低」

・砂糖不使用のおせんべい

・クラッカー

・ポテトチップス

・スナック菓子 など

 

砂糖が使われておらず、

口に含んでいる時間も短いため

むし歯になる危険性は比較的低いと言えます。

 

 

 

 

むし歯の危険度「中」

・ケーキ

・シリアル

・アイスクリーム など

 

こちらは先ほどのお菓子より

さらに要注意。

 

これらには砂糖が使われているため

むし歯菌の好物ではあります。

 

しかし、

サクサク・パリパリとして食べやすかったり

すぐに溶けてしまう、など

口に含んでいる時間が短いため

危険度はやや低いです。

 

 

 

 

そして、お菓子の中でも

とくにむし歯になりやすいのが…

 

 

 

むし歯の危険度「高」

・チョコレート

・クッキー

・和菓子 など

 

砂糖が多く使われ、

食べ終わるまで時間がかかり、

歯にくっつきやすい!という、

むし歯菌が繁殖するには

もってこいのお菓子です。

 

 

SDN_2102_003_お菓子でむし歯になりやすい?

 

とはいえ!

糖分が一切入っていないお菓子を探すのは大変ですし、

好きなお菓子を気にせず食べたいものですよね。

 

 

 

 

そこで大切なのは、

糖分がお口の中にある時間を短くすること。

つまり、だらだら食べ続けないことです。

 

 

食べる時間をしっかり決めれば、

食べてない間に歯が再生(再石灰化)し、

むし歯になりにくい口内環境となります。

 

 

加えて、毎日の歯みがきももちろん効果的!

 

これらにちょこっと気をつけていただき、

お菓子を楽しみながら むし歯知らず

を目指してくださいね!

 

 

 

ちなみに、

チョコレートの中にはなんと、

むし歯予防に効果がある

「キシリトールチョコレート」

というものもあります。

 

SDN_2102_004_お菓子でむし歯になりやすい?

 

むし歯になりやすいお子さまや、

大切な方へのプレゼントにいかがでしょうか。

 

 

あまがい歯科医院
〒346-0024 埼玉県久喜市北青柳1011−1
TEL:0480-21-8811
URL:https://www.amagaishika.com/
Googleマップ:https://g.page/amagai-shika?gm

お盆期間中の休診日

2017.08.12

8月13日(日)~17日(木)は

休診させていただきます。

12日は通常診療です。

年末年始休暇のお知らせ(12月30日~1月4日)

2016.12.29

 

 

久喜市のあまがい歯科医院です。

今年も多数のご来院、ありがとうございました。

 

2016年12月30日から2017年1月4日まで休診いたします。

1月5日より通常通り診療いたします。

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

夏季休暇のお知らせ(8月11日~15日)

2016.08.10

 

 

久喜市のあまがい歯科医院です。

いつも当院をご利用いただきありがとうございます。

 

8月11日から8月15日まで夏季休暇のため休診いたします。

よろしくお願いいたします。

国際歯周内科学研究会認定医を目指しています 【2016.03.17】

2016.03.17

 

今日は国際歯周内科学研究会認定医取得のための講習会に参加してきました。

東京八重洲ホールまで行ったのですが、電車だと久喜から東京駅まで1時間かからず行けるので便利でした。

 

 

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス・ワールド・レコーズにも載っているほどです。

 

 

近年、歯周病と全身疾患の関連がいろいろと分かってきており、

健康寿命の延伸の観点 からも歯周病の根絶が待たれるところです。

 

 

歯周病の原因はプラーク中などの細菌による感染症と言われていますが、

宿主(患者さん)の 免疫応答の違いにより発症や進行が異なってきます。

それに咬合などの口腔内環境が絡みリスクファクターとなっています。

 

 

歯周病がある程度進行すると歯槽骨(歯を支えている骨)の吸収(溶けてなくなること)が起こり、

歯周ポケット(歯と歯肉の間のすきまが深くなる)が形成されます。

 

 

従来の歯周病治療は検査として歯周ポケット測定を行い、その後スケーリング(歯石除去)、

SRP(ポケット内根面の清掃)、歯周外科等を行うというものです。

 

 

しかしここで問題が二つあります。

 

 

近年、歯周病の原因菌がわかってきており、その菌を検出する検査かできます。

 

 

問題の一つ目は従来の治療法だけでは治療後も菌叢を変えられないこと、

つまり歯周病原因菌を除菌しきれないことです。

 

 

もうひとつは、細菌が多い状態でスケーリング等を行うことにより菌血症を

引き起こす 可能性があるということです。

 

 

少々難しい話になりますが、菌血症とは血液中に細菌が認められる状態をいいます。

人体は少数の細菌であればすぐに排除することができるので、一時的な菌血症で症状が

起こることはめったにありませんが、健常者でない場合リスクが高まることも考えられます。

 

 

歯周病治療以外も同様ですが、やはりお口の中の細菌を減らしてから スケーリング等を

行うべきかと考えられます。

 

 

歯周内科治療ではまず位相差顕微鏡にて菌の状態を確認します。

最近では歯周病関連菌の数を特定できるリアルタイムPCR検査が確立されていますので、

中等度以上の歯周病の場合はPCR検査と除菌が必要と考えます。

 

 

国際歯周内科学研究会の理念は『歯周内科治療を世界に広め、ペリオのない社会を実現する』です。

私ももっと勉強して歯周病を減らす力になりたいと考えています。

 

 

歯周病は予防が第一、罹患してある程度進行している場合は除菌とメンテナンスが重要だと思います。

 

 

↑