1分で分かる!あまがい歯科 お試しホワイトニング 5000円 保険外治療費について 相談室(Q&A) スタッフ求人情報 スタッフブログ
店舗情報
アクセス

埼玉県久喜市北青柳
1011-1

診療時間

午前9:30~13:00
午後15:00~19:30

※水曜日は午後が14:30~19:00
土曜日は午後が14:30~17:00
木・日・祝:休診

駐車場

ご来院の際はご自由にご利用下さい。

無痛治療

あまがい式
無痛治療の
こだわり

他院で痛い思いをした方が当院にたくさん来院されます。 私も無痛には毎回気をつかっており、患者アンケートでも 「評判どおりほとんど痛みは感じなかった!」 との声をよく戴いています。

無痛治療についての院長の考え方

歯科医院や歯の治療が敬遠される最大の原因は
「痛い」とか「怖い」が連想されるからではないでしょうか。

あまがい歯科医院では、様々なアプローチにより、
痛みの無い、お子様も安心して受けてもらえる
診療
を積極的に取り入れています。

痛みのない治療の基本

痛みの感覚は人により違いますし、また同じ人でもリラックスしている時と緊張している時とでは違ってきます。歯科治療は脳に近いところの治療ですのでどうしても緊張、不安を伴いやすいものです。当院で何度か治療を受けられている方はある程度安心感をお持ちと思いますが、
的確な診断のもとに十分な対話をして信頼関係ができていれば安心して治療が受けられると考えます。スタッフはみんなやさしいですし、何でも話せてリラックスできますよ。

急性炎症時は麻酔が効きにくいものです。痛みや腫れなどが強いときに、いきなり抜歯や抜髄(神経をとる治療)は通常いたしません。痛みや腫れをとることを最優先に処置をします。

虫歯でも歯周病でも早期に治療することで麻酔も使わずに痛みのない治療が可能です。麻酔が必要な場合にも麻酔時の痛みを極力ないように心がけています。

あまがい歯科医院の無痛治療

麻酔時の無痛について

外科処置や神経の治療などでは麻酔が必要な場合がありますが、あまがい歯科医院では、麻酔の痛みを極力減らすように、以下の点を心がけています。

表面麻酔
ゼリー状の麻酔薬を、麻酔の針を刺す部分に塗布して表面麻酔を行い、注射針による痛みを極力減らします。

極細の注射針、温められた麻酔液

写真

歯科用として最も細いサイズ33G(0.26ミリ)の麻酔針を使用します。
麻酔液はカートリッジウォーマーによりあらかじめ体温に近い温度に温めておきます。
注射針、麻酔液ともにディスポーザブル(1回限りの使い捨て)ですので、麻酔薬からの感染の心配はありません。不潔部位、炎症部位では感染を増悪させる危険を伴いますので、処置前の口腔清掃、術前投薬など必要な場合もありますがご理解、ご協力お願いします。

【写真】上の採血用注射針と比べると大きさ・太さの違いが一目瞭然です

コンピューター制御

写真

世界初コンピューター制御コードレス電動麻酔注射器“アネジェクト”
コンピューター制御の電動注射器によりゆっくりと麻酔液を注入できますので痛みはほとんど感じません。
「注射開始から注入速度がゆるやかにあがる」痛みのない理想的な注射をコンピューターが自動的にコントロールします。

【写真】コンピューター制御コードレス電動麻酔注射器“アネジェクト”

さわやか診療(笑気ガス)

写真

ご希望の方に「さわやか診療(笑気ガス)」を用いて、できるだけ痛みの少ない治療を行っています。笑気ガスを吸うことで、眠りに落ちる直前のような気持ち良い状態になります。その状態で治療しますので、痛みは軽減されます。

【写真】笑気ガス発生装置

Q&A(無痛治療編)

無痛治療とはどのようなものですか?無痛治療の手順を教えてください。

無痛の定義は非常に難しいですが、麻酔についての取り組み(表面麻酔・無痛温度・電動注射器・笑気ガス等)はページでお伝えしたとおりです。
しかし、それ以外にも痛くない治療法があります。
最も痛くない治療とは、初期の段階で治療を行うか、定期的に予防をして良い歯の状態を維持することでしょう。また、緊張や不安ななかで治療を受けるよりも、リラックスして治療を受けたほうが痛みを感じることも少ないでしょう。あまがい歯科医院でも、患者さまとの信頼関係を構築することが痛みをできるだけ減らすことに繋がると考えています。

↑